<フルーツバス停>

 先月、旅行の初日、佐賀から有明海沿いに長崎に向かう207号線、県境をまたいで諫早市に入ると当然、カラフルなフルーツの形をしたバス停が登場、イチゴ、トマト、メロン、スイカ、ミカンの5種類14基が、数キロにわたって続いていました。それぞれで休憩して写真とって、LINEで送ったりして、なかなか前に進めませんでした。でも、思いがけない発見で楽しかったです。目的地まで高速道路をノンストップも いいちゃけど、下道をのんびりのんびり、休息を取りながら旅をする。今まで気づかなかったものが見えてきませんか? 時には、立ち止まることも必要ですね。最近、頑張り過ぎ、今日は、ちょっと遅れてもいいかな。

更新情報(11/4~)

11/27(金) 岡本記念財団HPで公開されました動画を、月曜お昼まで直接見に行けるようにしました。この下の「第7回心の健康ビデオセミナー」コーナーのボタンを押してね!

11/18(水) ◆11月の集談会を終えて◆を投稿+トップページの先頭の写真とコメントを更新しました。

<<ブログ投稿>>
11/15(日)「[一緒に走る仲間募集中]さが桜マラソン(オンライン開催_募集19日(木)正午から先着順)」 New! 
https://hakkenkai-saga.crayonsite.com/blog/25252/
スマホにアプリを入れて、期間中(3/15-28)に、一日で42.195kmを走るコースと複数回に分けて走るコースがあります。マラソンなんて無理と思う人も、複数回に分けて走るコースなら完走可能です。
まずは最初の一歩から、自分探しにいかがですか?参加費3千円からです。参加賞・プレゼントあり。

11/4(水)「宝物の言葉」 
https://hakkenkai-saga.crayonsite.com/blog/24662/
10月25日に開催しました佐世保佐賀合同集談会の報告と体験発表のお話しです。

◆はじめまして◆

 何かにこころがとらわれて、誰にも相談できず、一人で悩んで、身動きできなくなっていませんか? 私たち「生活の発見会」の佐賀の仲間は、神経質性格から来るいろいろな悩み事を乗り越え、建設的な生活を送ることを目的に、森田療法という日本独自の精神療法の考え方を学びながら、お互いの体験交流を通して、相互学習、相互援助を行っています。自助グループです。毎月1回、集まって学んでいます。この出会いが皆さまの転機になればと、そっと寄り添う気持ちを大切に活動しています。


◆第7回心の健康ビデオセミナー◆ 月曜12時まで見れます

メンタルヘルス岡本記念財団より森田療法に関係する「心と健康ビデオセミナー」の動画が、毎月末4日間だけ公開されています。こちらの佐賀集談会HPからも、簡単に動画を見ていただけるように、財団に相談し許可を頂きました。

生活の発見会会員のお二人による体験発表です。自身の体験から語られるひと言ひと言、こころに響きます。よろしければ、ぜひご覧ください。

期間限定でYouTubeでビデオを見ることができます。
★公開期間:11月27日(金)13:30〜30日(月)12:00 の4日間だけ公開

↓ ボタン押していただくと動画みることができるようになります。

 広告が出てくる場合は、5秒後に右側に[広告をスキップ]のボタンを押すと動画見れます。

◆お知らせ◆ 

11月の集談会は15日(日)14時から予定通り開催しました。
参加皆さま、ありがとうございました。来月もよろしくお願いします。

◆11月の集談会を終えて◆

 自分で気づいたことをする   2020/11/18

 11月の集談会は、コロナ対策を取っての開催でしたが、いろいろ都合があって参加できない方も多くいて、いつもの半分の人数での開催でした。

 最初におひとりおひとり、自己紹介とこの1カ月間の近況についてお話しする時間を設けています。今日は、Mさんより昔の合宿のお話しを聞くことができました。

 今年で生活の発見会ができて50周年になりますが、Mさんは、その前身の啓心会の主催者の水谷先生が自宅の敷地に作った寮に入って、1カ月間合宿生活しながら森田療法について学んだそうです。

 今では「生活の発見会」には、そのような場所はありません。私たちも当時の日々の学びの場がどのようなものであったか?知りたくて、合宿の様子を教えてもらいました。

 入寮後は、終日部屋の布団の中で横になったまま過ごし、食事やトイレ以外は布団の中で一週間過ごします。本を読んだりラジオを聞いたりすることは禁止で、ただじっと布団に横になり、わきあがる不安や悩みの感情はありのままに、自分自身のこころと向かいあう日々を過ごします。6~7日目になると、起きたら何かをしたいという思いが高まってきたそうです。

 二週目は布団を出て、寮の中で自分で作業を見つけて実行します。誰かからあれをやりなさいなどと指示はありません。ここでも本を読むことは禁止されいます。とにかく「自分で気づいたことをする」のがポイントです。掃除や庭の植物のお世話や犬の散歩などです。

 そして毎日、日記を書いて提出します。夜には、仕事から帰ってきた水谷先生が、その日記を見て森田療法のアプローチについてお話しされて、一日が終わります。日々の作業を通じて、体験と自分自身のこころと向かい合う日々をおくります。

 Mさんは、部屋には何もないので「小さな机があったら、日記を書くときに便利だろうなぁ、他の仲間も使えるよなぁ」ということに気がつきました。寮の中には、自由に使える木材も用意されていたので、こつこつと小さな机を作ったそうです。

 今年もあと1カ月半をきりました。クリスマスや年末年始の準備の季節になりました。このコロナ渦で不安な日々を過ごしている方も、不安な気持ちはそのままに、お家のことで、自分が何かできることが無いか?考えてみて実行してみませんか?

 わたしの場合は、お部屋の掃除と年賀状書きを早めにすることです。

 今年の掃除のポイントは、一か所に集めて選別して必要最小限のものを残すことです。まずは、家中の本や雑誌を一部屋に集めてみました。カラーBOXで4個分ありました。思い切って1つに入る分だけ残すことに決めました。「後で読もう」で、ずっと読んでいない本もたくさんあります。売れる本は売って、残りは近くのリサイクルボックスの予定です。

 Mさんの体験した合宿学習は特別なものだと思っていました。でも、お話しをお聞きして、いま私がやろうとしている掃除も、「自分で気づいたことをする」ということでは、同じことじゃないかなぁと気がつきました。おかげで、今年のお掃除は違ったものになりそうです。

 みなさんも、年末に向けて、なんでもかまいませんので「自分で気づいたことをする」をやってみませんか?


HP運営会社のHPランキングに参加しました。順位に応じて使える写真やページが増加してもらえます。今後も分かりやす内容になるように挑戦してまいりますので応援お願いします。左のボタンをポッチと押してくださることで応援できます。協力お願いします。(11月末まで)

◆ネット記事紹介◆ 森田療法と生活の発見会紹介(デジタル毎日より)  New!

デジタル毎日に森田療法のお話しがアップされています。

◆ネット記事紹介◆ 森田療法式 心の健康法 (ダイヤモンドオンラインより)  New!

東京慈恵会医科大学附属第三病院院長・森田療法センター長・日本森田療法学会理事長の中村敬先生のお話しがネットに公開されていましたので、下のリンクボタンより、見れるようにしました。集談会に参加できない皆さまのヒントになればと思いまとめてみました。

◆ブログ 日々発見◆   

森田療法を学んで、仕事や家で悩んだとき、そのアプローチを実践しています。生活の中で発見したことです。ときどき関係ないものもありますが、ごめんなさい。ひといき休息と思ってお読みください。

最新ブログ New 
★イメージを押す(クリックまたタッチする)と詳しい投稿記事へジャンプします。

ブログ一覧(公開中のブログです)

◆生活の発見会50周年記念講演(比嘉千賀先生)の動画公開のお知らせ◆

生活の発見会のホームページで、ひがメンタルクリニック 比嘉 千賀先生の「生活の発見会50周年記念講演」の動画が公開されました。動画をご覧になる場合は、下のボタンを押してね!

★記念講演の動画、要望がありスマホで見やすくなるように、このHPでも全話見れるようにしました。 

◆図書紹介◆ 入門書としておススメです!

 今年春に発売されたこの本は、手のひらサイズで文字数も少なく読みやすい本です。
心の病気の種類、治療法の種類、森田療法の概説、11例の実例、日常生活に活かす森田療法の知恵、生活の発見会の紹介、森田療法を受診できる医療機関の一覧など、盛り沢山です。森田療法の予備知識がないと分かりにくいかなとの思いもありますが、森田療法を学んでみようとのきっかけにはなる本だと思います。一読をお勧めします。

★著者/舘野 歩、出版社/株式会社秀和システム、ネットから購入も可能です。
★現在、佐賀集談会にも在庫が1冊あります。集談会出席した際に、ご覧いただけます。
★下記、イメージをクリックまたはタッチすると、アマゾンの通販にジャンプします。

◆ビデオ◆

会報Hakkenの1月号と2月号の特別対談でお話しされていた久保田幹子先生(法政大学大学院人間社会研究科教授、東京慈恵会医科大学 森田療法センター・臨床心理士長)のご講演です。
不安・こだわりに縛られた生活から自由な生き方へ「強迫・パニック症を通して森田療法の考え方を学ぶ」
いろいろな悩みに対する対処方法を事例を紹介いただきながら優しくお話しいただきました。

※動画はメンタルヘルス岡本記念財団より許可を頂いてご紹介しております。

★クリック または タッチすると動画が再生されます。

その他の動画を見ることができます↓

◆生活の発見会の活動が紹介されました◆  6月18日

詳しい内容を見るには、この記事をクリックまたはタッチください。

◆集談会のご案内(月一回開催)◆

集 談 会
開催日時

@予約不要、自由に参加できます
通常 毎月第三日曜日 14:00-16:30
11月15日 (日) 終わりました
12月20日 (日)
 1月17日 (日)
 2月21日 (日)
 3月21日 (日)
会  場 
@地図は一番下にあります
 佐賀市市民活動プラザ
https://www.tsunasaga.jp/plaza/
佐賀市白山2-1-12 佐賀商工ビル7 階
JR佐賀駅より南へ徒歩約20分
※直接会場への問合せはご遠慮願います。
参 加 費
@会場費や配布資料のコ ピー代などの費用
会員  500円                   
非会員(はじめて出席) 無料
非会員(出席2~6回迄)500円
非会員(出席7回以上)1000円
その他 謙虚で地道にを大切に、運営スタッフ一同で、協力しながら発信しています

毎月開催の集談会の様子は、こんな感じです。

 森田療法のことを詳しく知りたい。仲間と共に学びたいと思う方々には、毎月1回、集まって学んでいます。生活の発見会では『集談会』と呼んでいます。14時開始で17時終了、次のような流れで進めています。

★まず自己紹介の時間を設けています。
最初にお名前を、次に近況や悩みなどお話しいただきます。話したくないときは、お名前だけでも結構です。他の皆さんの話を聞くだけでも構いません。話せるようになったら、ひと言お話しください。お聞きしたことはその場のみ、口外するようなことはありません。

◎15分ほど休憩、会費を集金します。参加者同士で自由にお話しください。

★つぎに森田療法を学ぶ時間を設けています。
「森田療法の学習の要点」や入会すると送られてくる月報「Hakken」をテキストにして、毎月テーマを決め学んでいます。ときどき別の集談会より講師を招いて講演会を行うこともあります。

★最後に体験交流の時間を設けています。
自己紹介の時に、話足りなかったことを相談したり、森田療法を学んで、分からなかったことを聞いたり、同じ悩みを持つ方に、聞いてみたいこと質問したりすることができます。時には、悩みだけでなく、自分の心の中に眠っているやってみたい、挑戦してみたいと思うことを話してもらっても構いません。

各パート★、それぞれ1時間ほどです。開会前、みんなで会場の机のレイアウト変更と準備をします。閉会後、後片付けをします。お手伝いいただければ助かります。

私たちは、それぞれの悩みに寄り添う姿勢を大切しています。森田療法をお互いに学び、気づいたことを実践することで皆さまの悩みが少しでも解決すればと願っています。そのためお互いの話を聞き、森田療法を学ぶところからスタートします。あなたを悩みに対して、具体的な助言やアドバイスが必要なかたは最初にひと言お伝えください。

下記の[関連書籍]の部分を開くと、初めての方でもわかりやすい森田療法の本を紹介しています。この関連書籍や発見会本部が毎月発行する月報「Hakken」よりテーマを決め、毎月皆で集まって学んでいます。

森田先生のお話しが紹介されています

■生活の発見会 本部への問い合わせ・資料請求 

〒130-0001
東京都墨田区吾妻橋2-19-4
 リバーあみ清ビル2F
TEL 03-6661-3800
 AM9:30〜PM5:00  日曜・月曜・祝日定休

powered by crayon(クレヨン)